バリでダイビングライセンス取得

3日間でオープン・ウォーター・ダイバーになる

今回、オープン・ウォーター・ダイバー・ライセンス取得コースに参加してくれたのは、インドネシア在住の若者2名。

とってもエネルギッシュで、前向きな二人。

3日間コースの概要は

3日間コースなので、オープン・ウォーター・ダイバーコースの学科部分(知識開発)は事前にオンライン学習で完結済み。

バリ島ダイビングライセンス取得プール 

初日はプールでダイビングの基礎スキルを練習!

まずは実際の海でダイビングの基礎スキルを練習する前に、安全で穏やかな環境で水に慣れ、ダイビングに必要な「基本スキル」を納得いくまで練習します。

ここでは、ダイビングを楽しむ為のスキル。水中で困ったり問題がおきないようにする為の安全テクニック。万が一何か問題が起きた時に備え、対処できるテクニックを中心に練習します。

 

プール講習では沢山のダイビングスキルとテクニックを練習します。

結構集中的に練習しますよ!

今回参加してくれたお二人は「ヤル気満々」で凄くスムーズ。

ダイビング器材のセッティングをしたら、バディーチェック。

ダイビングを始める前にしっかり自分が使用する器材の確認と。一緒に潜るバディ-のは大切です。

 

結構苦手な方が多い「水中でマスク脱着」もスムーズ。

バリ島ダイビングライセンス取得プール

もし、水中でタンク(シリンダー)のベルトが緩んだり、外れたらどうする?

そんな時の為の対処法や。

疲労ダイバーの曳航方法を練習したり・・・

朝8時からお昼をはさんで、午後3時30頃までスキルトレーニングは続きました!

お疲れ様!

※今日のプールトレーニングの様子はMAX DIVEのFacebook, インスタグラム動画をアップしてます!フォローもお願いします!

限定水域(プールトレーニング)ではインストラクター初めにスキルのデモンストレーションを行い、その後生徒ダイバーさん達が一人一人スキルをします。

ただ、海洋実習では、水中でインストラクターはスキルのデモンストレーションはしません。水中で支持だけ出すので、生徒ダイバーさん達はその指示に従ってスキルを行います。

実際の海に行くと、プールとは全く環境が違うの、まずはプールしっかりテクニックを覚えましょう

海洋実習へGo!

オープン・ウォーター・ダイバー(3日間コース)の2日目、3日目は実際の海でダイビングのテクニックを練習します!

2日目はサヌールの海で練習。

通常はもう少し遠いパダンバイ、トランベン、アメッド(コンディションの良いダイビングサイト)で海洋実習を行う場合が多いのですが、今回は

「朝ゆっくり出発したい」というリクエストがあったので、近場のサヌールでダイビングスキルとテクニックの練習。

サヌールは「朝ゆっくり出発したい方」や、「早くホテルに戻りたい」という方にはピッタリのダイビングサイトではありますが、

透明度や見られる魚の種類などはパダンバイ、トランベン、アメッドと比べるとかなり劣ります。

やはり、この日も透明度は今一の中、本当によく頑張りました!

「魚を見る余裕なんてなかった!」ってことだったけど、そうですよね。

バリ島ダイビング・パダンバイ

オープン・ウォーター・ダイバーコース最終日はパダンバイ

朝7時30分にサヌールのホテルを出発。

パダンバイまでは車で約1時間。

ここからロンボック島、ギリ・トラワンガンへ行くフェリーが出ているので、パダンバイの港とバックパッカー達で賑わってます。

今日はパダンバイで人気のダイビングスポット①ブルーラグーンと②ジュプンで最後のスキルトレーニングを行いました。

ダイブポイントまではバリの伝統的な船(ジュクン)で約10分。

ボートから水底が見え、「昨日とは全く違う!」ってテンションアップ↑

1本目も2本目も水温29度。透明度約10~15m。

全てのスキルチェックを行い、最後は水深17.5mまで水中探検。

昨日からの課題でもあった中性浮力も最後の最後は感覚がつかめてきました。

どうしても、「どんどん浮いて行ってしまう」ってインフレターホースから空気を抜くのですが、上手く抜けない。

でも最後はバッチリでしたね!

2本目の最後は、流れが~!

でも、二人とも落ち着いてダイビング。

流れにのって、上手く中性浮力もとれていました!

そして、昨日と違って、周りを見る余裕が出来てましたね!

可愛いクマノミや、ヨスジフエダイの群れ、ウミガメもじっくりと見る事ができました!

今日のパダンバイでの様子は↓に動画を見て下さい

バリ島ダイビング・パダンバイ・ナシチャンプル
バリ島ダイビング・パダンバイ・ナシゴレン
バリ島ダイビング・パダンバイのランチ

講習終了!

お腹がペコペコ~!

シャワーを浴び、着替えが終わったら、ログブックを付けて、ランチです!

パダンバイでは、ナシゴレン(焼き飯)、ナシチャンプル(ご飯とおかず)、サンドイッチ。

この3種類から選び、紅茶かコカコーラなど飲み物が付きます。

どうもお味は外人好みのアレンジされているみたいですが、どれも、綺麗の盛り付けられていて、

私は大好き!

ランチを食べながら、「たった2日前、生まれて初めてレギュレーターを加え、水中で呼吸したなんで、信じられない!」

って話しで盛り上がりました。

そう、たった3日、されど3日間。

かなり、中身が濃く、達成感がある3日間でした!

これから、沢山のダイビングスポットでダイビングを楽しんで下さい!

 

★MAX DIVEのYouTube チャンネル!パダンバイの水中動画もアップしてます★

パダンバイで行ったオープンウォーターダイバーコース、家族でシュノーケリング、ダイビングポイント「ジュプン」、桟橋下の泳ぐカエルアンコウ、パダンバイの小さな沈船・・etc, よかったら登録して下さい!