トランベンでファンダイブ

一年ぶにトランベンでダイビング

一年ぶりのトランベン。一年ぶりのダイビング。デジカメ片手にのんびりゆっくり楽しもう!

今日はトランベンで①沈船(リバティー)ポイント⇒②ドロップオフの2ダイブ。

ここ数日、波が高かったトランベン。

今日は心配していた波は無し!ラッキーなスタートです!

 *今日のトランベンでのダイビングの様子はMAX DIVEのYouTubeチャンネルにアップしてます。 

Facebookインスタグラムのフォローもヨロシクお願いします。

バリ島トランベンの沈船(リバティー)ポイントは、世界で一番楽に潜れる沈船ポイントとして人気があります。

ゴロタの上を歩き、ビーチからエントリー。

黒砂の浅瀬を抜けて行くと、直ぐに沈船が見えてきます。

こんな風に沈船の周りを潜ったり、

沈船の中に入って、ミステリヤスな雰囲気を楽しみます。

リバティー号は第二次世界大戦中に日本軍の攻撃により座礁。その後、1963年のアグン山の噴火の影響でトランベンの沖合に沈み、現在にいたっています。

そう、約55年もの間、トランベンの海に沈むリバティー号。今では、ソフトコーラルと魚達の住みかになってます。

トランベン、沈船(リバティー号)ポイントのアイドルと言ったら、ムスジコショウダイ。

英名はオリエンタル・スイートリップス。

コショウダイはSweetLipsと言います。直訳すると甘い唇?なんだか可愛い名前。

ムスジコショウダイ達は幼魚の時も可愛いけど、大人になると、とっても派手で綺麗な色の体に変身!

ちなみに、このブログのトップに使用している↑の写真のコショウダイ。

手前に横向きに写っているのが、アヤコショウダイ。これもトランベンの沈船(リバティー号)ポイントでは定番。

その後ろにいるのがムスシコショウダイ。ボディーの模様がちょっと違うんです。

パラダイスのレストランでのんびりランチ。

写真を撮り忘れたのが残念だけど、ここのチキンカレーはとってもボリューミーで美味しいですよ!

休憩中はプールで浮かんでても、ビーチチェアーに横になってても、OK。

ゆっくり休んで2本目へGO!

バリ島トランベンのドロップオフポイントで人気なのは、これ!

アジ玉(オックスアイスカッド)の大群。

ビーチからエントリーし、黒砂の上をのんびり進んで行くと、浅瀬にオックスアイスカッドの群れを目にします。

ばっちり写真とれたかな?

アカヒメジの群れも健全!

ドロップオフの中にでっかいモヨウフグ

タテジマキンチャクダイにヤマブキスズメダイ。どんだけ見たか。

ハナビラクマノミの住みか、イソギンチャクの色がとっても綺麗!

カメラを持つ姿もカッコ良いね!

楽しい時間は直ぐすぎるってこの事だね。

みっちり60分ダイブx2

あっという間に終了。

久々のダイビングだったのに、慣れないゴロタ石の上を歩かせてしまって・・・

疲れたよね~。

でも、ダイビング後の程良い疲れ感がとっても気持ち良いって思う。(こう思うのは私だけか?)

今日はぐっすいり眠れそうだ!

最後はなごり惜しみながら、トランベンの海をバックにスマイル!

また、戻ってきます!