EFR(エマージェンシー・ファーストレスポンス)コース

EFR コースはダイバーでなくても参加できるコースです

今回は今話題のサップ(Stand up paddle/SUP)のインストラクターになる為にサーファーの方がEFRのコースに参加してくれました。

EFR(エマージェンシー・ファースト・レスポンス)コースについて説明すると、EFRコースは最新の医学的基盤に基づいた信頼性の高いプログラムで、世界中のさまざまな機関から承認されています。

ダイバーであればレスキューダイバーコースの参加前条件にもなってますが、EFR(エマージェンシー・ファースト・レスポンス)コースはダイバーでなくても誰でも参加できるコースで、最新の国際基準、医療的ガイドラインに基づいたCPR(心配蘇生法・一次ケア)とファースト・エイド(応急手当・二次ケア)のマスターを目的にしてます。

ダイバ-でもサーファーでも、どちらでもなくても、日常の生活の中で大切な人が怪我をしたり、また交通事故、生命に関わる自体に陥った時、救急車/医者が到着するまでの間、適切な処置が出来るか出来ないかで患者のその後の状況が大きく変わっていく場合もあります。いざという時に備え、適切な処置の仕方を身につける大切で意味あるコースです!

信頼できる立派なサップ(SUP)インストラクターになって下さい!

EFR