トランベン ファンダイブ&エンリッチドエア

トランベンの沈船ポイントでファンダイブ!

トランベン・沈船ポイントで、本日エンリッチドエアダイバーデビュー!

朝、7時30分にバリ島南部リゾートサヌールを出発。

トランベンの海、キラキラと眩しいぐらい輝いてるます!

トランベン 沈船

昨日、『エンリッチド・エア/ナイトロックス』スペシャリティーを終了し、本日はトランベンの沈船でエンリッチド・エアを使用してのファンダイブです!

まずは、使用するシリンダーのエンリッチド・エアの割合を自分で確認

今回は酸素濃度が32%のエンリッチド・エアを使用します。

ダイビングコンピューターをエンリッチドエア用(ナイトロックスモード)に切り替えます。

エンリッチド・エア使用に切り替えることにより、通常のエアを使用して潜るより長い無減圧限度時間と、より浅い最大許容深度を考慮しながらダイビング計画を立てます。フォト派ダイバーの方には人気です!

少し、みにくいですが・・・

バリ島 ダイビング ナイトロックス使用

ビーチからエントリーし、潜行して直ぐはゴロタ石が続きますが、少し進むとと黒砂の砂地になります。

トランベンの沈船(リバティ号)自体は全長120mほどありますが、ビーチから約7mぐらいの所から船の部分が見えます!

トランベン 沈船 ヨメヒメジ

沈潜は沢山のソフトコーラルに覆われてます。

トランベン沈潜 ソフトコーラル

じっくり写真をとってます! 

今日のトランベンは水温28度。流れも無く、穏やか。

良い写真が沢山撮れていますように!

エンリッチド・エア(ナイトロックス)で潜る利点!

バリ島でも、エンリッチド・エア-(ナイトロックス)を使用するダイバーの方が増えてます。

エンリッチド・エア(ナイトロックス)は通常のエアと比較して酸素の割合が多く、窒素の割合が低いです。

酸素密度を32%(通常エア21%)にする事により、通常のタンクを使用するより体内に溜まる窒素のスピードを遅らせることができます。

この点から、ルールを守ってダイビングを行えば、エンリッチド・エア(ナイトロックス)を使用することで『減圧症』になるリスクを軽減できると言われてます。

エンリッチド・エア(ナイトロックス): 特に、こんなダイバーの方におすすめです

①フォト派ダイバーの方(同じ深度でじっくり潜りたい)

②リゾートなので繰り返しダイビングを行うダイバーの方

③運動付属で水中で息切れしやすいダイバーの方


エンリッチド・エア(ナイトロックス)にご興味のある方はお問い合わせ下さい ⇒  お問い合わせ

 

Please follow and like us: