ムンジャガン

ムンジャガンはバリの国立公園内にある “究極に癒される” ダイビングサイト

menjangan-sea-fan

ムンジャガンはバリ島北東部に位置し国立公園に指定されています。白砂な砂浜と透明度を誇る静寂な海が特徴で、その下に沈むミステリヤスな木製の沈船やウォールに生息する大きなウミウチワ(sea fan)やヤギサンゴ(gorgonian coral) はどのようなダイバーさんをも魅了します。まさにバリ北東部のプレミア・ポイント、大自然の中で「息をのむような眺め」を満喫して下さい。


ロケーション: ムンジャガン(Menjangan)バリ島北東部。 国立公園.

ムンジャガンはバリの国立公園内にある究極のいやしポント

 

ポス1~ポス2・ガーデンイール(POS1~POS2,Garden eels)
白砂にサンゴ、カラフルなウォールにガーデーイール達のコロニー。ここでは誰もがハイソな気分になれます。バラエティー豊かな地形とまぶしいほどのクリアーな海をゆったりとダイビングを楽しみながら、近寄ってくるツバメウオ、大きなエンジェルフィッシュ、ガーデンイール、アケボノハゼなどに遭遇!色とりどりなソフトコーラルとハードコーラル、大きなゴルゴニアン、シーファン、スポンジも迫力あります。

●ダイビングタイプ:ウォール ●深度:8~40m ●レベル:初心者~ ●透明度:20~40m ●流れ:適度 ●アクセス:スピードボート 約40分 ●水温26~30度 ●見られる魚:エンジェルフィッシュ、ガーデンイール、ツバメウオ、アケボノハゼ、ハダハカオコゼ、ピグミーシーホース、フグ、エビ、カニ、サメ ●ベストシーズン:年間を通して

 

アンカーレック(Anchor Wrecks)
浅瀬でも深場でも楽しめるポイント。 水深約6mと32mに堆積物と砂に埋め込まれたアンカーがあります。水深約40mの所にはサンゴが完全に繁殖し、ほとんど認識できない状態の船が横たわってます。この船の名前は知られていませんが、19世紀の奴隷船とも言われてます。 ウォールに沿って深場へと向かい、ホワイトチップシャークを見ることができます。

●ダイビングタイプ:ウォール、ディープ ●深度:5~40m ●レベル:初心者~ ●透明度:20~40m ●流れ:適度 ●アクセス:スピードボート 約40分 ●水温26~30度 ●見られる魚:エビ、カニ、ツバメウオ、クマノミ、ウツボ、ピグミーシーホース、ホワイトチップシャーク、ソフト・ハードコーラル、ゴルゴニアン、スポンジ ●ベストシーズン:年間を通して

 

テンプル・ポイント(Temple Point)
美しいく険しいウォール側、スロープには沢山の小物達が生息。ブルーの方を見るとサメにバラクーダ。陸からスピードボートで約40分。 レベル:初心者~

 

コーラル・ガーデン(Coral Garden)
水深約5メートル~28メートルまでつらなる小さなウォールに、その名の通り素晴らしいサンゴ礁。 沢山の小物達が生存。陸からスピードボートで約40分。 レベル:初心者~